はじめまして。

岩手県八幡平市で先祖代々農業を営んでいるせの畑です。

 

せの畑の人員紹介

 

自称の自画像。髪型と帽子だけ似てる。

代表:瀬川 智子

岩手県八幡平市生まれ、岩手県八幡平市育ち。

幼少期から、ばさま(祖母)の草取りを手伝う。
田舎の子供らしく農業と自然に慣れ親しんで育つ。

大学進学を機に上京。

電気の大学に入り、電気の会社に就職。
体から電気がほとばしる、ビリビリバリバリの理系。

大学生の時に農家を志すようになったが、結局企業に就職。
農業への踏ん切りがついたのは社会人6年目の時。

2019年6月、農民にジョブチェンジ。

2019年7月、屋号「せの畑」として農起業。

祖母に弟子入りして、農作業を覚える。(今も継続中)

2020年は、固定種の野菜と無農薬のもち米作りに挑戦中。

昔の人らしく、暑い日は木を背負って「常に木陰」状態で農作業

ばさま(祖母)

岩手県八幡平市生まれ、岩手県八幡平市育ち。

昭和10年生まれの御年85歳。

かれこれ80年近く無農薬で野菜を栽培。

とは言っても自家消費のため、野菜の見栄えはよかったりよくなかったり。

昔の人らしく、原始的な農法が得意。
最近はやりの自然栽培でテクニックとして挙げられる「コンパニオンプランツ(混植)」を、一切勉強せずとも昔からの経験のみで行う。

暑い日は画像のように背中にちゃらぶく(イチイ)の木の枝を背負って、「常に木陰」状態で農作業。

ひそかに南部弁方言集「ばさま語録」公開予定

父・母

岩手県八幡平市生まれ、岩手県八幡平市育ち。

普段は会社やパートで稼いでいるため、基本的に土日農業。

水稲ときどき草刈り。

トラクターでもコンバインでもなんでも乗りこなす。

最近、手押しタイプの草刈り機を手に入れて、ちょっとだけ草刈りが楽になる。