畑に無限に生えてくる雑草。

野菜の成長のために抜いたり刈ったりした雑草の処分に困っている方も多いと思います。

 

ですが、ただ捨てるだけではもったいない!

雑草も肥料にすることで、野菜の成長に役立たせることができるのです。

 

さらに雑草堆肥は動物由来の堆肥や化学肥料の購入量も減るので、とても経済的。

今回はそんな雑草堆肥の作り方をご紹介します。

 

 

 

1.雑草堆肥とは

雑草堆肥とは、畑やそこら辺中に生えている雑草を堆肥にしたものです。

 

刈り取った雑草や引っこ抜いた雑草を発酵させると「土」に変化します。

雑草からできた土の中には雑草が元々持っていた栄養分が豊富に残っているので、

野菜や花、穀物などの作物を育てる際の肥料(堆肥)として活用できます。

 

 

2.雑草堆肥のメリット・デメリット

2-1.雑草堆肥のメリット

まずは雑草堆肥のいい点について説明していきます。

 

①雑草を処分する労力が不要

刈ったり抜いたりした後の雑草をよくゴミ焼き場に持っていく方もいると思います。

雑草をゴミ袋にパンパンに詰めて、車に積んで、ゴミ焼き場に持って行って・・・

結構な労力だと思います。

 

雑草堆肥にすれば、庭や畑の隅に適当にまとめといて放置するだけなので、ゴミ焼き場に持っていくよりは労力はかかりません。

 

②肥料の購入量が減り経済的

化学肥料や鶏糞・豚糞・牛糞などの有機堆肥はたいていの場合、購入して入手します。

それに対して雑草堆肥の原料となる雑草はタダなので、お金はかかりません。

雑草堆肥を取り入れれば肥料の購入量は減ります。

 

③残留農薬の心配がほぼ無い

有機栽培として、家畜のフンからできた有機堆肥(鶏糞・豚糞・牛糞など)を活用している方もいるかと思います。

ただ、家畜のフンには家畜を育てるときに使用した薬剤やエサの栽培時に使用した農薬が含まれています。

家畜のフンからできた堆肥は、見た目は有機堆肥でも農薬などの化学物質が残っていることが多いです。

(もちろん、無農薬のエサを食べさせた家畜のフンからできた堆肥であれば残留農薬の心配はほとんどありません。)

 

その点、無農薬育ちの雑草でできた雑草堆肥は、草に農薬の成分が残っていないため、残留農薬の心配がほとんどありません。

 

(細かいことを言うと、自分のところで農薬を使っていなくても、周辺の田畑で農薬を使っていると、風に流れて雑草に農薬がついている可能性もあります。そのため農薬全盛期の現代社会において残留農薬ゼロ!と言い切るのは難しいでしょう。)

 

④じわじわと効く

雑草堆肥はじわじわと効くので、化学肥料やボカシ肥のような「まいたらすぐ効く!」といった即効性はありません。

その代わりじわじわとゆっくり効いていき、長い間効果が持続するというメリットがあります。

即効性のある肥料と組み合わせるなど、自分の希望するタイミングで肥料が効くように調整ができます。

 

⑤土壌に合った堆肥ができる

上級者向けの情報にはなりますが、

そもそも雑草はその土地に不足している栄養分を補ってくれる雑草が生えます。

自然の摂理として、人の手が加えられなければ、その土地に生えた雑草はその土地で枯れていき、微生物たちによって分解され土に還ります。

自然の仕組みとは不思議なことに、その土地で不足している栄養分を多く含む植物が生え、それが土に還ることで不足している栄養分を土に補給し、長い年月をかけて豊かな土壌へと変化していくようにできているらしいです。

 

ということは、

生えている雑草 = 不足している栄養分を補ってくれる植物

さらに堆肥になれば、

その土地の雑草でできた堆肥 = その土地に不足している栄養分を補ってくれる堆肥

要するに、

雑草堆肥 = その土地に超ぴったりなオーダーメイド堆肥

ということが言えます。

 

 

2-2.雑草堆肥のデメリット

いいことづくめの雑草堆肥ですが、デメリットもあります。

 

①堆肥を作る手間がかかる

「雑草堆肥を作る」という労働時間が必要になります。

その点、できあがった堆肥を買うのは劇的な時短です。

金をとるか、労力をかけてでもお金で得られない効果を取るかは人それぞれだと思います。

 

②発酵中のにおいが残飯臭

捨ててから数日たった残飯のにおい嗅いだことありますか?

酸っぱいような腐敗臭のような、嗅いだらうがいをしたくなるようなあの臭い。

発酵中の雑草も同じようなにおいがします。

隣の家のそばで雑草堆肥を作ろうものなら・・・苦情がくるかもしれませんのでご注意を。

 

といっても、50cmも離れればそんなに臭いも感じない気がします。(私調べ)

鼻の利くお隣さんだったらドンマイですね。

 

ちなみに、発酵が終わり完全に堆肥(土)の状態になると不快なにおいはしなくなります。

 

③即効性がない

雑草堆肥はじわじわと効くので、化学肥料やボカシ肥のような「まいたらすぐ効く!」といった即効性はありません。

すぐに肥料の効果が表れて早く育ってほしい~といった時には向かないかもしれません。

用途によって肥料を使い分けたり、雑草堆肥の特性を踏まえた使い方ができれば特に問題はありません。

 

3.雑草の堆肥化について

3-1.雑草が堆肥になるまでの変化の過程

雑草は微生物たちなどの力により発酵し、分解されていきます。分解し終わった結果、堆肥となります。

雑草 → 発酵 → 分解 → 堆肥

 

3-2.雑草堆肥の5要素

雑草堆肥ができるのに必要な要素は5つあります。それは・・・

①有機物

②微生物

③酸素

④水

⑤熱

です。

以下で詳しく見ていきましょう。

 

①有機物

堆肥の素(メイン材料)として有機物が必要になります。

雑草堆肥の場合は「雑草」が有機物になります。

雑草などの有機物が微生物たちなどの力で分解されて堆肥(栄養の豊富な土)になります。

 

雑草以外にも家畜のフン、稲わら、もみ殻、残飯、枯れ葉、おがくず等、自然由来の有機物なら何でも堆肥の素になります。

 

有機物として使用したものの栄養成分が堆肥の栄養成分に影響します。

堆肥に含まれてほしい栄養成分があるときは、その栄養成分を多く含む有機物を堆肥にするとよいでしょう。

もちろん、雑草と枯れ葉、残飯など複数種類の有機物を混ぜて堆肥を作ることも可能です。

 

②微生物

雑草が堆肥になるには発酵が必要になります。

発酵時に大活躍するのが微生物たちです。

微生物たちが雑草を分解していくと堆肥になります。

 

③酸素

雑草を発酵させる微生物たちの中には「好気性(酸素を必要とする)の菌」がいます。

酸素を十分行き渡らせることで発酵が早く進みます。

 

④水

微生物の活動に必要です。

含水率で60%が適量らしいですが、測定できない方は

「握って指の間から水がしみ出てくる程度」

で判断するとよいです。

 

⑤熱

雑草の発酵を促進させるにはある程度の熱が必要になります。

と言っても、熱は発酵中に微生物が出すので、熱源をあらためて用意する必要はありません。

 

雑草堆肥にするために積み上げた雑草の山の中心部は発酵が進むと高温(約70℃)になります。

一方、雑草の山の外側は外気に近いため中心部に比べれば温度が下がります。

微生物によって適温は違いますが、20℃くらいが好きな微生物もいればの40℃くらいの熱が必要な微生物もいます。

寒い時期などは雑草の山の外側は中々40℃にならないと思うので、外側の雑草も早めに発酵させたい場合は保温が必要です。

 

また、70℃という高温は雑草の種や病原菌が死滅するというメリットもあるのですが、

窒素分が抜けてしまい効き目の低い堆肥になってしまうので、70℃くらいになったら切り返す(後述)とよいです。

 

 

4.雑草堆肥の作り方

4-1.準備するもの

準備するものを説明します。

分量は適当です。

 

①雑草

堆肥の素となる有機物として雑草を使用します。

 

畑から抜いた根付きの雑草でも、草刈り機で刈った雑草でも、雑草なら何でも大丈夫です。

お好きなくらいどうぞ。

 

但し、雑草の種が残っていると、堆肥を作っている間に発芽する場合があります。

発芽した後に切り返せば(後述)特に問題ありませんが、気になる方は種は混ぜない方がいいかもしれません。

私は気にしていたらキリがないので気にしていません。

また、発酵中の雑草は70℃くらいの高温になる部分もあるため、高温部にある種は死にます。

 

ちなみに、雑草以外にも家畜のフン、稲わら、もみ殻、残飯、枯れ葉、おがくず等自然由来の有機物なら何でも堆肥の素になります。

 

②米ぬか

米ぬかには発酵を促進する効果があります。

要は米ぬかを使うことで、雑草が早く堆肥になります。

さらに、米ぬかは雑草堆肥に不足しがちなリン酸などの栄養も豊富なので、より栄養豊富な雑草堆肥ができあがります。

 

入手方法はいたって簡単で、米ぬかは近くのコイン精米機でタダでもらえます。

精米してすぐの新鮮な米ぬかである必要はありません。

私なんかは半年くらい前に持ってきた虫の湧いているような米ぬか(お食事中の方ゴメンナサイ)を使いましたが、問題なく雑草堆肥ができました。

 

精米したときなどに、一袋(30kg)の袋に入るくらいの米ぬかをもらってくれば、使いたいときにすぐに使えて便利です。

 

③水の入ったじょうろ

雑草堆肥を作るのに水が必要になるので、水の入ったじょうろを用意します。


 

④木枠(堆肥枠)

雑草堆肥を短い期間で作るために使用します。

木枠があれば雑草を高く積み上げることができ、発酵熱も早く高くなります。

発酵熱が高くなるスピードが早い方が早く堆肥ができあがります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

堆肥枠 A-12
価格:14510円(税込、送料無料) (2021/11/11時点)


 

ただし、無い場合は無理に準備する必要はありません。

 

⑤ブルーシート

雑草を入れた木枠にかぶせるためにブルーシートを使用します。

ブルーシートをかぶせることで発酵中の雑草が保温され早く発酵熱が上がるので、堆肥になるのも早くなります。

 

また、もし木枠がなくても、ブルーシートをかぶせるだけで堆肥をつくることは可能です。

ただし、木枠の時よりは場所が少し広めに必要になります。

木枠はないけど土地ならたくさんある!という方はブルーシートを活用しましょう。


 

ちなみに木枠もブルーシートもない方は無理に準備しなくても雑草堆肥をつくることは可能です。

ただし雑草が堆肥になるまでの時間が延びる可能性があります。

それぞれの都合に合わせて準備してください。

ちなみに私はドケチの面倒くさがりなので、木枠もブルーシートも使わずに雑草堆肥を作っています。

 

4-2.雑草堆肥の作り方

①雑草を敷く

まずは抜いた雑草を木枠の中や畑のすみなど邪魔にならないところに敷きます。

敷いた雑草の高さについて特に明確な基準はありませんが、何らかの目安が欲しい方は10cmくらいの高さにしておけばよいでしょう。

(私も一段当たり10cmくらいの高さで敷いていますが特に問題を感じたことはありません。)

 

木枠を使わない場合は敷いた草が崩れるのを防止するために足で踏んで軽く固めます。

木枠の場合は敷いた草が崩れる心配も無いので、特に踏み固める必要はありません。

 

②米ぬかを振る

敷いた雑草の上に米ぬかをまんべんなく振りかけます。

米ぬかを振ることで雑草の発酵スピードが上がるので、早く雑草堆肥ができあがります。

ちなみに、米ぬかがない場合でも雑草堆肥はできます。ただ雑草の分解に少し時間がかかるだけです。

 

③水をかける

雑草と米ぬかに水をかけます。

雑草を発酵させてくれる微生物たちが活動するには水が必要らしいです。

握って指の間から水がしみ出てくる程度にかけます。

 

ブルーシートをかぶせる場合には自分で水をかける必要がありますが、

ブルーシートを使わずに雨ざらしで発酵させる場合は自然の降水(雨)に任せても問題なく堆肥ができ上がります。

私はじょうろで水やりはせずに雨頼みで作りましたが、問題なく堆肥になりました。

  

④雑草・米ぬかをミルフィーユ状に積み重ねる

①~③を繰り返します。

雑草と米ぬかがミルフィーユ状に積み重なっていきます。

 

高く積み重ねるほど発酵中の雑草が早く高温になります。

言いかえると、高く積み重ねた方が堆肥になるスピードが上がります。

なるべく何層にも雑草を積み重ねた方が発酵が早まります。

 

⑤ブルーシートをかぶせる

ブルーシートをかぶせます。

ブルーシートをかぶせることで

・発酵熱を逃がさないため発酵の促進

・乾燥しにくいため水分が保てる

というメリットがあります。

 

ブルーシートが無い場合はかぶせなくても堆肥はできます。ただ雑草の分解に少し時間がかかるだけです。

  

⑥1~2週間ごとに切り返す

切り返すとは発酵中の雑草の上下を入れ替えることです。

 

雑草を発酵・分解させてくれる微生物たちの中には「好気性(酸素を必要とする)の菌」がいます。

切り返して酸素を十分行き渡らせることで好気性の菌の活動が活発になり、発酵が促進されます。

 

切り返す際は今積み上げている場所のすぐ隣にあるスペースを利用します。

木枠と発酵中の雑草を上から順に隣へと移していきます。

移し終わるころには上にあった雑草が下に、下にあった雑草が上に入れ替わっているはずです。

 

木枠を使わない場合はかぶせているブルーシートを外してから切り返します。

上と下が入れ替わるように隣のスペースに発酵中の雑草を移していきます。

あまりにも量が多い場合はトラクターやショベルカーを出動させてもよいでしょう。

 

⑦6ヶ月くらいで完成

雑草が堆肥になるまでの過程を画像でご紹介します。

↓4/27 堆肥づくり開始。

草取りしたてホヤホヤの雑草たち。

 

↓5/14

草の山の内部に白い菌がはびこっています。草の繊維はまだまだ残っています。

 

↓5/29

草の山の内部の様子。だんだん土っぽくなってきました。

 

↓7/3 水っ気が抜けてきた感じがします。

分解しにくいものはまだ原型をとどめていますが、大分堆肥化が進んだようです。

 

 

 

4-3.小スペースで作る方法

雑草の置き場所のない方はビニール袋(ケース類でも可)と雑草さえあればベランダでも作ることができます。

雑草ではなく残飯で堆肥を作る際にも同様の手順で作れます。

 

①取った草や残飯をビニール袋に入れます。できれば土が残ってた方が微生物たちがいっぱいいて発酵にはよいです。

②放置。ちょっと臭いかも。

③数か月後にビニール袋を除くと土になっています。

 

注意1:土の付いた雑草ならダンゴムシ、ミミズなど、残飯ならハエといったように色んな生き物が活動している場合があります。苦手な方はご注意を。

注意2:ビニール袋などのプラスチック類は長期間日に当ててるとボロボロに風化します。細かくボロボロになってしまうと回収が大変なので、日陰に置いたり、風化に強い素材を使うなど工夫をお願いします。

 

 

4-4.面倒くさがりのあなたへ

正直私はマメさのかけらもない「せっこぎ(面倒くさがり)」です。

木枠を用意して、ブルーシートをかぶせて、2週間おきに切り返して・・・

なんてことしません。やりません。やる気もありません。

(本当はやった方がいいです。)

 

ということで、実際どこまで工程を省けるのか、実体験をもとにコッソリご紹介します。

失敗しても文句は受け付けませんので、あらかじめご了承ください。

 

①木枠は必要か?

なくても作れました。

あれば省スペースだし見た目的にもいいので一般家庭にはいいとは思います。

我が家は土地が有り余っている田舎なので、木枠もブルーシートも使わず、雑草と米ぬかのミルフィーユを雨ざらしにして雑草堆肥を作りました。

 

②ブルーシートは必要か?

なくても作れました。

雑草と米ぬかのミルフィーユを雨ざらしにして2週間おきに切り返すのを数回だけやって放置していたら、

3ヶ月くらいで部分的に堆肥ができてきて、

6ヶ月後には全体がすっかり堆肥になりました。

さらに、雨水で水分が供給されるので、じょうろでの水やりが不要というメリットもあります。

 

③じょうろは必要か?

ブルーシートを使わない場合、無くても作れます。

雨で水分が共有されるので十分なくらい雑草に水が行き渡ります。

 

ブルーシートを使う場合はあきらめてじょうろで水を与えましょう。

もしくは雨の日にブルーシートをはいで雑草の山を雨に当ててもいいかもしれません。

自分のマメさに合わせてやりやすいようにしてください。

 

④米ぬかは必要か?

無くても作れます。

ただ、堆肥ができあがるまでに時間がかかります。

 

米ぬかはタダな上に、コイン精米機にたくさんあるのでできれば使った方がいいでしょう。

米ぬかの豊富な栄養(リン酸など)も堆肥に含まれるようになるので、使うことをオススメします。

米ぬかをまいている時、花咲かじいさん気分も味わえます。

 

⑤切り返しは必要か?

必要です。

切り返しを一切せずに雑草と米ぬかのミルフィーユを放置していたら、こぼれた雑草の種が発芽して見事に青々とした草の山になっていました。(↓赤丸部分)

青々とした草の山になってしまうと切り返す戦意も喪失するので、確実に行いましょう。

 

切り返しペースは本来1~2週間おきに出来上がるまで続けるのが理想です。

 

参考までに私が実際に切り返したのは、

初めて雑草と米ぬかのミルフィーユを作ってから1ヶ月後、

雑草の芽が出始めたあたりにひっくり返しました。

↓びっしり生えた草の芽も、切り返すときに山の内側に置くようにすれば成長しません。

 

一度しか切り返しせず、その後は完全放置でした。

それでも6ヶ月後にはきれいに堆肥になっていたので、まあ、適当にやってもなんとかなりそうです。

 

※ただし、切り返しはこまめにした方が、窒素成分が無くならずいい堆肥ができるようです。

 

⑥切り返しではしっかりと上下を入れ替えなければならないのか?

しっかりと入れ替えなくても堆肥はできます。

そもそも切り返しをする理由は好気性(酸素を必要とする)の菌に酸素を行き渡らせて、発酵を促進するためです。

 

私は切り返すためのスペースを十分に確保せずに雑草堆肥を作り始めてしまったため、

切り返し前と切り返し後の雑草の山の範囲が一部が重なっていました。

そこで切り返しができなかった雑草に関しては手を突っ込んで空気が入るようにかき混ぜたりほぐしたりしてごまかしました。

それでも6ヶ月後には完全に堆肥になったのでまあ、なんとなく空気を入れてあげればとりあえず大丈夫でしょう。

 

5.まとめ

雑草堆肥の作り方、意外と簡単だったと思います。

取ってきた雑草を米ぬかと交互に積み重ねてたまに切り返すだけで、その土地オーダーメイドの肥料ができるなんて、とても魅力的な堆肥ですね。

 

作る手間はかかりますが、エコだし経済的だし合理的だし、雑草の処分に困っていたらぜひ試してみてください!

 

んだば、まんず。

 

 

2019年6月に脱サラ後、実家の岩手県八幡平市でUターン就農しました。 無農薬・有機肥料(主に雑草堆肥)にこだわって野菜を栽培しています。 日本中の人が美味しい野菜で楽しく健康になるため、無農薬のほんのり甘くて食べやすい野菜を作っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です